総務省統計局ロゴマークgaccoロゴマーク

データサイエンス・オンライン講座

「社会人のためのデータサイエンス演習」

総務省統計局提供

ビジネスの現場で求められているデータサイエンスをわかりやすく解説

受講登録する(無料)

プロモーションビデオ再生
紹介動画を見る

stat-icon「社会人のためのデータサイエンス演習」講座概要


データ分析に基づく問題解決プロセスを紹介

第1週:データサイエンスとは
“データサイエンス”力の高い人材育成について
データサイエンスが必要とされる背景
データサイエンスに求められるスキルや知識
データサイエンスの将来
PPDACサイクルに沿った問題解決の進め方
分析の設計手法
記述統計によるデータの把握と比較の方法について学習

第2週:分析の概念と事例
~ビジネス課題解決のためのデータ分析基礎(事例と手法)①~
Analysis(分析)とは
1変数の状況の把握①(可視化の活用)
1変数の状況の把握②(代表値の活用)
比較して2変数の関係を見る
ビジネスにおける比較①(概要)
ビジネスにおける比較②(適切なA/Bテストの活用)
二変数の関係や時系列データの解釈について学習

第3週:分析の具体的手法
~ビジネス課題解決のためのデータ分析基礎(事例と手法)②~
クロス集計の軸設定と見方
散布図と相関の調べ方
相関関係と因果関係の違い
時系列データの見方
時系列データの分解の方法
   

予測と評価や分析結果の報告と解釈について学習

第4週:ビジネスにおける予測と分析結果の報告
~ビジネス課題解決のためのデータ分析基礎(事例と手法)③~
回帰分析による予測
モデル評価と予実評価
分析結果の報告(記述/可視化方法)
分析結果の報告(解釈の注意点)
予測・分類等代表的手法と活用場面

ビジネスでデータサイエンスを実現するためのポイントについて解説

第5週:ビジネスでデータサイエンスを実現するために
各週のおさらい
データ分析に基づく問題解決ケーススタディ
様々な企業で活躍するデータサイエンティスト
企業でデータサイエンスを実現するためのポイント
講座のまとめ

講師 総務省統計局               會田 雅人
総務省統計局               阿向 泰二郎
株式会社電通               佐伯 諭
東京大学                 松尾 豊
株式会社ブレインパッド          奥園 朋実
株式会社ブレインパッド          今津 義充
日本航空株式会社             渋谷 直正
株式会社日立インフォメーションアカデミー 大黒 健一
株式会社チェンジ             高橋 範光
株式会社ブレインパッド          矢島 安敏
統計数理研究所              丸山 宏
前提条件 表計算ソフトMicrosoft Excelの基本的な操作ができること
目安学習時間 週3時間程度

※講師の肩書等は2016年1月時点の情報を掲載

「社会人のためのデータサイエンス演習」講座詳細

「データサイエンス・オンライン講座」は、
日本初のmooc※1プラットフォームgaccoで、
どなたでも無料で受講ができます。

最高の講師陣による
本気の授業

提供するのは、最高の講師陣(大学教授等)の真剣講義。最先端かつ最高の知識を学ぶことができます。講義は、ネットで受講しやすいよう、 1本あたり10分程度にまとまっています。

目標を共にする仲間との
白熱した論議

掲示板で、同じ講義を受講する仲間と、疑問や意見をぶつけ合ったり、 教えあったりすることで、より深く学ぶことができます。 また、仲間がいることが励みとなり、最後まで頑張ることができます。

gacco受講の流れ

講義動画・ディスカッションのイメージ
講義動画・ディスカッション※2
選択式テスト課題レポートのイメージ
選択式テスト・課題レポート
修了証の発行のイメージ
修了証の発行※3

受講ガイドはこちら

gaccoについて

 本サービスは、JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)と連携して、ドコモgacco社が提供しているものです。 gaccoは、オープンなオンライン教育環境の実現に必要な本格的な基盤サービスの提供を通じて、受講生にとって付加価値が高い新たな学習モデルを提供することを目指しています。

gacco about gaccoについてページへ

※1 MOOCとは:Massive Open Online Coursesの略称で、「大規模公開オンライン講座」と訳されます。
Web上で誰でも無料で参加可能な大規模な講座を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービスです。
2012年より米国を中心として、主要大学および有名教授により公開され、2018年現在で、世界中から1億100万人が受講しています。

※2 受講期間は開講期間中に限られます。 インターネット環境とパソコン・スマートフォン等が必要になります。

※3 受講した講座の修了証であり、大学の単位、公的資格等を証明するものではありません。