スマートIoTシステム・ビジネス入門
講座名
スマートIoTシステム・ビジネス入門
開講日
2018年725
標準学習期間4週間
受講登録はこちら

講座内容

すぐに内容がわかる動画はこちら

早稲田大学を中心に35以上の大学,企業,業界団体による全国規模の産学連携ネットワークにより社会人教育プログラム「スマートエスイー」( https://smartse.jp/ )を2018年度から展開します。これは文部科学省 平成29年度「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」enPiT-Proに採択された事業です。IoT(Internet of Things; モノのインターネット),ビッグデータ,人工知能(AI)を駆使してサイバー世界とフィジカル世界を融合させ,多様なニーズに応じて適応的にモノやサービスを提供可能な超スマート社会をリードするイノベーティブ人材を育成するために,15以上の講座を実施し,その講義の多くをオンライン講座として広く一般に公開します。

本講座は,スマートエスイーの講座群のエントリーとなる科目です。ここでは,モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが実施しているIoTシステム技術検定 中級の内容に沿って,スマートなIoTシステム,サービスおよびそれに基づくビジネスの概要と支える技術の基礎を,事例を交えて理解することを学習目標とします。具体的には通信,デバイス,データ・AI,セキュリティ,プロトタイピング,開発・保守・運用まで幅広く扱います。

なお,実際のデバイスやデータを用いた演習,実習,議論については,ぜひ,約半年間,東京・日本橋の社会人学び直し拠点WASEDA NEOにてスクール形式で実施するスマートエスイーの教育プログラムを受講いただき,学びをより深めていただければ幸いです。

前提条件

<準備学習・前提知識>
情報システム&サービス開発の基礎知識

課題内容

各週にレポート課題(600~1200字程度)

修了条件

得点率60%以上

連携大学・機関

茨城大学、群馬大学、東京学芸大学、東京工業大学、大阪大学、九州大学、北陸先端科学技術大学院大学、奈良先端科学技術大学院大学、工学院大学、東京工科大学、東洋大学、鶴見大学、情報・システム研究機構(国立情報学研究所)

参考文献

『IoT技術テキスト』
  モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(監修)/リックテレコム,2016 >>公式サイト

1.深く学べるカリキュラム

この機会にIoTをしっかり学びたい方、学術的にも踏み込んで学びたい方に適したカリキュラムです。

2.講義動画だから理解が進みます

活字だけではわかりづらかった情報も講師による説明動画でスッと入ってきます。

3.いつでもどこでも、スマホでも学習できる

忙しいビジネスパーソンでも、 スキマ時間を活かして学習できます。※1

開講スケジュール

Week1

  • IoT概論 IoTの概論として,IoTシステムの捉え方,IoTシステムの事例,IoTビジネスにおける留意事項,IoTシステム構築技術についてそれぞれ基礎を解説します。
  • スマートIoTシステム概要とIoTサービスビジネス IoTシステムの構成,CPS(Cyber Physical System),クラウドコンピューティング,エッジコンピューティング,IoTシステム構築上の留意点についてそれぞれ基礎を解説します。

Week2

  • IoT通信方式 IoTネットワーク,無線技術,ネットワークトポロジー,5G(第5世代移動通信システム),LPWA(省電力広域無線通信)についてそれぞれ基礎を解説します。
  • IoTデバイス IoTデバイスの概論に続いて,IoTデバイスの構成・機能・仕様,センサ技術・マイコン技術・通信技術,プロトタイピング技術,連携技術についてそれぞれ基礎を解説します。

Week3

  • IoTシステムのプロトタイピング開発 プロトタイピングの基本的な仕組みについて解説します。実際のデバイスを用いたプロトタイピングの方法は扱いません。
  • IoTデータ活用技術 人工知能・ディープラーニングの概要と活用,ニューラルネットワークとディープラーニングの概要,ディープラーニングのツール,畳み込みニューラルネットワーク,再帰ニューラルネットワークについてそれぞれ基礎を解説します。

Week4

  • IoT情報セキュリティ技術 IoT情報セキュリティ,サイバーセキュリティ,個人情報とプライバシー保護,暗号と匿名化技術・著作権,活動機関と動向についてそれぞれ基礎を解説します。
  • IoTシステムの開発・保守・運用,事例等 IoTエコシステム,IoT開発(アジャイル/ウォーターフォール),システムライフサイクル,BCP(事業継続計画),IoTシステム事例,IoTビジネスにおける留意事項についてそれぞれ基礎を解説します。
講義イメージ

講師・スタッフ紹介

鷲崎 弘宜

鷲崎 弘宜 Washizaki Hironori

早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 所長。早稲田大学理工学術院総合研究所 最先端ICT基盤研究所 教授。国立情報学研究所 客員教授。株式会社システム情報 取締役(監査等委員)。株式会社エクスモーション 社外取締役。ガイオ・テクノロジー株式会社 技術アドバイザ。ソフトウェア,情報システムの研究,教育,社会実装に従事。日本ソフトウェア科学会理事。 NPOトップエスイー教育センター理事ほかを歴任。 文部科学省社会人教育事業enPiT-Pro「スマートエスイー」事業責任者。

鄭 顕志

鄭 顕志 Tei Kenji

早稲田大学理工学術院総合研究所 研究院准教授/主任研究員。 国立情報学研究所 先端ソフトウェア工学・国際研究センター 特任准教授。ソフトウェア工学の研究・教育活動に従事。社会人エンジニアを対象としたソフトウェア工学教育プログラム「トップエスイー」に従事し,産業界へのソフトウェア工学技術の普及・展開に関する活動に取り組んでいる。 「スマートエスイー」ではアプリケーション領域のリーダーや共通例題・演習用プラットフォームの開発を担当している。

受講登録はこちら

gaccoとは?

最高の講師陣による本気の授業

提供するのは、最高の先生(大学教授等)の真剣講義。 最先端かつ最高の知識を学ぶことができます。 講義は、ネットで受講しやすいよう、1本あたり10分程度にまとまっています。

目標を共にする仲間との白熱した論議

掲示板で、同じ講義を受講する仲間と、疑問や意見をぶつけ合ったり、 教えあったりすることで、より深く学ぶことができます。 また、仲間がいることが励みとなり、最後まで頑張ることができます。

gacco 受講の流れ

会員・新規登録
講義動画・ディスカッション
選択式テスト
修了証※3の発行

gaccoについて

受講ガイドはこちら